ニュースキャン・セラピーを導入している主な医療機関 - 橿原市 真菅の腰痛・ぎっくり腰を解消する整体 カイロ

国本カイロプラクティック院

お知らせ, ニュースキャン, 日記・ブログ

ニュースキャン・セラピーを導入している主な医療機関

         ニュースキャン・セラピー(波動療法)

「ニュースキャン」は元々、ロシアの宇宙飛行士の 健康管理を目的に作られた波動機器

の改良品です。人間の体からは臓器・皮膚・骨、細胞といった個々の組織からそれぞれ固有の周波数が発せられています。体の異常細胞もそれぞれの異常状態に当たる固有の周波数を持っています。それは人種や性別、年齢に関わらず同じ周波数を持ち、私たちの体内から体外に向けて常に放射されているのです。

 ニュースキャンはロシアに於いてその周波数の状態を読み取ることを目的に開発されたものです。

ニュースキャンは宇宙ステーションに滞在するロシアの宇宙パイロットの健康管理のために開発された機器を基に、さらに改良を加えた超低音波(1Hz~10Hz)の波動機器です ロシアの国立病院などの160万人もの各種疾患の患者と健康な人の波動が入力されていて、これらを各部位(600強)の更に細部(数万ヶ所)ごとに測定・共鳴させることを目的としています。

たとえば遠赤外線療法は人間の骨などから出る5~20ミクロンの遠赤外線を照射することによって共鳴し、健康維持がなされていると言われています。この共鳴療法を波動療法(バイオレゾナンス)と言いますが、ニュースキャンも同じ共鳴原理です。

 ドイツではバイオレゾナンスとしてこのような波長の共鳴治療が6000近い医療機関で採用されています。また一部には保険適用するものもあるのです。

 しかし日本では波動療法を目的とした機器は医療機器として、まだ認められていません。ニュースキャンもそれは同じですが、東京千代田区のお茶ノ水クリニック(森下敬一院長)や東京青山の「ブルークリニック青山」(内藤真礼生院長)や東京中央区の鶴見クリニック(鶴見隆司院長)などを初め、25年5月に関西の国立大学学医学部や福島大学等、既に幾つかの医療機関や大学で採用されています。

またニュースキャンにはパワーストーン、薬草のエネルギーの水への転写、オーラの読み取りなど多種多様な仕様があります。

              

この記事を共有する

腰痛・ぎっくり腰を解消したい方へ

橿原市 真菅の整体

真菅駅より徒歩1分 土曜、日曜も受付 平日夜20時まで 体験談多数掲載中 小さなお子様連れ歓迎

【初回限定】開院30周年 記念価格!

腰痛・ぎっくり腰 解消コース(カイロプラクティック)

7,000円→初回6,000円(税込)

※今月末まで限定

【初回限定】開院30周年 記念価格!

坐骨神経痛、ヘルニア解消コース

7,000円→初回 6,000円(税込)

※今月末まで限定

【初回限定】開院30周年 記念価格!

頭痛・肩こり・膝痛 解消コース

7,000円→初回 6,000円(税込)

※今月末まで限定

【初回限定】開院30周年 記念価格!

ニュースキャン・セラピー(波動療法)

他の医療機関で出来ない波動による分析と施術の方法として、さんまのほんまでっかTVでも紹介された最先端機器です!

8,000円~→初回7,000円(税込)~

※今月末まで限定