日本の視力回復の現状! - 橿原市 真菅の腰痛・ぎっくり腰を解消する整体 カイロ

国本カイロプラクティック院

その他, 日記・ブログ, 視力回復整体

日本の視力回復の現状!

                       『視力回復の現状』

 眼が悪くなったら眼鏡をかける。

  私たちは、それが当然のことと考えてはいないでしょうか。

 ところが欧米では、眼鏡をつくる前に視力眼科を受診して、視力回復を図るという医療制度が整備されている

のです。視力眼科は眼科とは別の診療科目で、検眼医の指導のもとで視力回復トレーニングを行います。

 「視力が落ちたから、眼鏡をかけて見えるようにしよう」というのは、あまりにも乱暴な話で、トレーニングや、さ

まざまな機器を使っての視力矯正は、日本ではまだ広く浸透していないのが実情です。

 また、「うちは代々近視の家系だから、うちの子もしょうがないんですよね」とおっしゃるお母さんもいますが、

力低下の原因は約95%が後天的な理由によるものです。

 子どもはテレビやテレビゲーム、夜更かしが大きな要因になっていますし、大人はIT社会への移行によって

VDT症候群が深刻化しています。VDTとはビジュアル・ディスプレイ・ターミナルの頭文字で、いわゆるモニター

画面や画面表示端末のことを指します。

 つまりVDT症候群とは、パソコンのモニターや電子機器の画面表示見て作業する人たちに増えているストレス

性の症状のことで、「テクノストレス症候群」とも「ОA病」とも呼ばれています。

 こうした周辺環境や生活習慣が眼に悪い影響を与えて、近視が増えているのです。

 また、近視だけでなく老視や遠視、乱視、斜視など、私たちの周りには眼のトラブルを抱えている人が少なくあ

りません。その多くが眼科を受診し、「じゃあ、処方箋を書いておきますから、眼鏡店で眼鏡をつくってください」と

言われて納得してしまっているわけです。

 しかし、そうした視力の低下や眼のトラブルを眼鏡に頼らずに治す方法があるとすれば、その後の生活はかな

り違ったものになってきます。

 眼鏡は便利な道具で、私たちの生活に違和感なく溶け込んでいますが、実際のところ汚れたり、紛失・破損し

たり、邪魔になったりと、わずらわしさがつきまといます。眼鏡を長年にわたって愛用されている方でも、「眼鏡を

かけなくて済むのなら、こんなに楽なことはない」とよくいわれます。

 また、それが小さなお子さんであれば事態は深刻です。日本には職業選択の自由がありますが、その実、航

空機のパイロットやフライトアテンダント、その他の専門職で視力制限が規定されています。

 つまり視力が悪いと、どれだけ学力や体力にすぐれていても希望する職業に就くことができないというハンディ

キャップを抱えることになってしまうのです。

この記事を共有する

腰痛・ぎっくり腰を解消したい方へ

橿原市 真菅の整体

土曜、日曜も受付 5万人の施術実績 治療歴30年の実績 小さなお子様連れ歓迎 喜びの声多数掲載中

【初回限定】開院30周年 記念価格!

腰痛・ぎっくり腰 解消コース(カイロプラクティック)

7,000円→初回6,000円(税込)

※今月末まで限定

【初回限定】開院30周年 記念価格!

ニュースキャン・セラピー(波動療法)

他の医療機関で出来ない波動による分析と施術の方法として、さんまのほんまでっかTVでも紹介された最先端機器です!

8,000円~→初回7,000円(税込)~

※今月末まで限定